読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術のメモ帳

気が向いたときに書いてます

[GAS]HTMLを表示するWebアプリケーション

JSONを返す処理は、何回か行っていたのですが、HTMLを返すアプリケーションは作っていなかったので、今回はHello Worldしたいと思います。

公式リファレンスのコードと殆ど同じです。

実装する関数とテンプレート

まずは、code.gsから。

function doGet() {
  return HtmlService.createHtmlOutputFromFile('index').setSandboxMode(HtmlService.SandboxMode.IFRAME);
}

続いて、テンプレートとなるindex.html

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <base target="_top">
  </head>
  <body>
    Hello, World!
  </body>
</html>

ウェブアプリケーションとしてデプロイし、発行されたURLにアクセスすると…

問題なく表示できました。

できること・できないこと

HTMLのエミュレートは、cajaコンパイルされているようです。

公式リファレンスに記載されていますが、iFrameで展開されることもあり、HTML/JS/CSSのすべてで利用できる機能や命名に制限があります。

公式リファレンスには、ベストプラクティスも掲載されています。

参考リンク